HOME > 社会保険手続き

社会保険手続き

社会保険・労働保険の手続き

社会保険や労災、雇用保険は、従業員を雇用した場合や退職した場合だけでなく、日常的に手続が必要な場合が多々あります。

ほんの一部ですが、例えば・・・

  • 人材を採用した
  • 従業員が退職した
  • 賞与を払った
  • 昇給又は賃金ダウンした
  • 従業員が60歳に達した
  • 業務上負傷した
  • 私生活で怪我や病気をして連続して休んでいる
  • 従業員が結婚した
  • 従業員が妊娠、出産した
  • 引越しをした。氏名が変わった
  • 年金をもらい始めた・・・・・・

上記に加えて、毎年、労働保険の申告と社会保険の算定基礎届が必ずあります。 そして、それらに対応する役所は、労働基準監督署・社会保険事務所・公共職業安定所とそれぞれ別々に手続をする必要があります。

アウトソーシングのメリット

会社が事業活動を行っていると、日々様々な出来事があり、その都度、関係する役所に出向き、報告・申請等をする必要があります。そしてこれらは非常に重要なものでありながら、その大半は、会社にとって営業活動となんら関係のないものです。

社会保険・労働保険の手続をアウトソーシングすることにより、役所に出向く必要も書類を作成する必要もなくなり、それらの手続にかかる時間と労力を貴社の本業に少しでも集中させることができます。また、高額な医療費がかかった場合や病気等により欠勤が続いている場合、従業員の妊娠・出産、労災にあった場合などに支給される給付金を漏れなく活用することも出来ます。

その他、社会保険・労働保険に関連して、当事務所にご質問が多い事項としては

  • 事業主さんの年金と報酬の関係(年金の支給停止について)
  • 60歳以上の従業員の方の給料について(年金と給付金と給料の関係について)
  • パートさんが扶養の範囲内で働くことを希望されている
  • どのようなケースで社会保険に加入し、または加入する義務がないのか
  • 社長が入院したが傷病手当金は出るのか
  • 退職した従業員の最後の給与から社会保険は引くのか、引かないのか
  • 年金全般について・・・・・・

このような疑問が出ても的確に即座に解決できることも私たち社会保険労務士にご依頼いただくメリットといえます。

料金について

項目 料金(税別) 備考
社会保険・雇用保険関係の手続

10,000円~

1件につき
労災保険給付関係手続

20,000円

1件につき
労働保険新規適用 30,000円~  

社会保険新規適用

40,000円~  
労働保険料年度更新 30,000円~  
社会保険算定基礎届 30,000円~  
公的年金の請求 20,000円~  
関係官庁の調査立会い

15,000円~

 
助成金の申請

助成額の20%

助成金支給時報酬

顧問契約料について

事業所の人数 月額料金(税別)

5人未満

15,000円

5人~14人

20,000円

15人~24人

30,000円

25人~39人

40,000円

40人~59人

50,000円

60人~79人

70,000円

80人~99人

90,000円

100人~149人

100,000円

150人以上

別途協議

※こちらの料金は目安です。相談内容により、柔軟に対応いたします。

※事業所の人数には事業主、役員、従業員、パート等を合わせた人数です。

※強引な勧誘を行うことはございませんので、安心してご連絡下さい。

期間限定顧問お受けいたします!

毎月の顧問だけでなく、ご要望に応じて、期間限定の顧問もご対応可能です。
(※契約は6ヶ月から承ります。)
例えばこんなときに・・・

  • 担当者の退職などで一時的に業務が繁忙のとき
  • 創業直後で業務が軌道に乗るまで
  • 継続的な契約の前にお試しで等々

お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご依頼は渡辺彰労務管理事務所まで 無料相談のご依頼はこちら

特定社会保険労務士とは

紛争解決手続代理業務試験」に合格し、使用者と労働者間の労働トラブルに対し、労働局の紛争調整委員会や県の労働委員会等の場において行われる「裁判外の紛争解決手段(ADR)」のあっせん代理権(国家資格者)を持つ社会保険労務士のことです。

サービス提供地域

神戸市・明石市・播磨町・加古川市・高砂市・姫路市・太子町・たつの市・相生市・赤穂市・宍粟市・神崎郡・朝来市・加西市・西脇市・加東市  ほか周辺市町