HOME > 労災特別加入

労災特別加入

労災保険の特別加入とは?

労災保険は、労働者の業務上のケガなどに対して国から様々な保険給付を受けられる制度ですが、原則、事業主は労災保険に加入は出来ないことになっています。

ところが、特別加入という制度があり、中小企業の事業主及び家族従業者の方等も当事務所を通して一定条件で労災保険に加入していただくことができます。(事業主さんが、従業員さん先頭に立って現場等で作業されることが多いのではないでしょうか?)

事業主が労災保険の補償を受けられるというメリットのほかにも、労働保険料額が40万円未満の場合は毎年一括で支払わなければならない労働保険料を、金額に関係なく年3回に分けて分納することができます。

特別加入の条件とは?

特別加入に際しましては、労働保険事務組合の会員になる必要があります。当事務所は兵庫県社会保険労務士会により設立された労働保険事務組合『兵庫SR経営労務センター』の会員となっております。当事務所を窓口としてその手続を行うことが出来ます。

特別加入の主な種類と条件は下記の通りです。詳細は、当事務所にお問合せください。

特別加入の種類 特別加入の範囲
中小事業主等

以下の労働者を常時使用する事業主及び事業主の家族従事者や、代表者以外の役員など

金融業/保険業/不動産業/小売業 50人
サービス業/卸売業 100人
上記以外の業種 300人
一人親方その他の自営業者

労働者を使用しないで事業を行うことを常態とする一人親方その他の自営業者及びその事業に従事する方(「一人親方等」といいます。)のうち、次の種類の事業を行う方

1.個人タクシー業者や個人貨物運送業者など
2.建設の事業(大工、左官、とびの方など)
3.漁船による水産動植物の採捕の事業(漁船に乗り組んでその事業を行う方に限ります。)
4.林業の事業
5.医薬品の配置販売(薬事法第30条の許可を受けて行う医薬品の配置販売業をいいます。)の事業
6.再生利用の目的となる廃棄物等の収集、運搬、選別、解体等の事業

特別加入に必要な費用の目安

特別加入をする場合の費用の目安は

労働保険事務組合・兵庫SR経営労務センターへの入会金  10,000円
会費 2,000円/月
労災特別加入保険料 (業種及び日額により変わります)

当事務所の報酬目安(税込み)

特別加入の手続(初回のみ)・・・・21,000円
労働保険の確定申告(年1回)・・・21,000円
労災の給付手続等が生じたとき・・・5,250円~(案件により異なります)

ただし、顧問契約をされている事業所さま(同時のお申し込みも可)は上記②の報酬は発生しません。月々の顧問料と①の費用のみのご負担となります。

顧問契約料について

事業所の人数 月額料金(税別)

5人未満

15,000円

5人~14人

20,000円

15人~24人

30,000円

25人~39人

40,000円

40人~59人

50,000円

60人~79人

70,000円

80人~99人

90,000円

100人~149人

100,000円

150人以上

別途協議

※こちらの料金は目安です。相談内容により、柔軟に対応いたします。

※事業所の人数には事業主、役員、従業員、パート等を合わせた人数です。

※強引な勧誘を行うことはございませんので、安心してご連絡下さい。

期間限定顧問お受けいたします!

毎月の顧問だけでなく、ご要望に応じて、期間限定の顧問もご対応可能です。
(※契約は6ヶ月から承ります。)
例えばこんなときに・・・

  • 担当者の退職などで一時的に業務が繁忙のとき
  • 創業直後で業務が軌道に乗るまで
  • 継続的な契約の前にお試しで等々

お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご依頼は渡辺彰労務管理事務所まで 無料相談のご依頼はこちら

特定社会保険労務士とは

紛争解決手続代理業務試験」に合格し、使用者と労働者間の労働トラブルに対し、労働局の紛争調整委員会や県の労働委員会等の場において行われる「裁判外の紛争解決手段(ADR)」のあっせん代理権(国家資格者)を持つ社会保険労務士のことです。

サービス提供地域

神戸市・明石市・播磨町・加古川市・高砂市・姫路市・太子町・たつの市・相生市・赤穂市・宍粟市・神崎郡・朝来市・加西市・西脇市・加東市  ほか周辺市町